主要沿革

明治 8年(1875) 楽善会発足
明治 12年(1879) 校舎、東京市京橋区築地三丁目に完成
明治 13年(1880) 楽善会訓盲院(現在の筑波大学附属視覚特別支援学校および筑波大学附属聴覚特別支援学校)授業開始
明治 17年(1884) 訓盲院を訓盲唖院と改称
明治 18年(1885) 文部省直轄学校となる
明治 20年(1887) 東京盲唖学校に改称
明治 24年(1891) 小石川区指ヶ谷町77番地に移転
明治 36年(1903) 教員練習科設置(本施設設置)
明治 42年(1909) 東京盲学校に分離独立
明治 43年(1910) 小石川区雑司が谷町120番地に移転
大正 2年(1913) 現在の臨床専攻生につながる「研究科」についての規則を制定
昭和 1年(1926) 現在の理療臨床部の前身となる「マッサージ治療室」を開設
昭和 24年(1949) 国立盲教育学校、同附属盲学校と改組
昭和 25年(1950) 国立学校設置法の改正により東京教育大学に併設
昭和 26年(1951) 東京教育大学教育学部特設教員養成部に改組
昭和 44年(1969) 東京教育大学教育学部附属理療科教員養成施設と改組
昭和 53年(1978) 筑波大学創立に伴い、筑波大学理療科教員養成施設と改組
昭和 59年(1984) 現在の大塚地区に移転
平成 16年(2004) 国立大学法人筑波大学設置に伴い国立大学法人筑波大学理療科教員養成施設と改組
平成 23年(2011) 校舎新築
平成 25年(2013) 大学院人間総合科学研究科障害科学専攻に理療教育の科目設置
創立110周年記念式典挙行
明治43年に落成した東京盲学校新校舎
旧校舎(昭和59年~平成22年)