研究活動・社会貢献

研究活動

本施設では、理療に関する医学的研究、スポーツ科学的研究、理療教育に関する研究を中心として行っています。
本施設の構成員は、日本温泉気候物理医学会、全日本鍼灸学会、日本東洋医学会、日本東洋系物理療法学会、日本特殊教育学会、日本体力医学会、日本臨床スポーツ医学会、日本サーモロジー学会等に属し、研究成果の報告や運営活動を行っています。また、本施設等国内23施設により東洋医学研究機関協議会が結成され、日本における東洋医学研究の推進・総括が図られています。

社会貢献

本施設では教員免許状更新講習を実施しています。
全国盲学校等理療科担当教員を対象として「特別支援学校(視覚)理療科教員免許法認定講習」および社会人を対象として「東洋医学でリフレッシュ!」などの公開講座を開催しています。
毎年、文部科学省の公募事業「自立教科等担当教員(理療)講習会」に応募し、全国盲学校等理療科担当教員の資質向上のため、当該講習会を開催しています。
また、東日本大震災により仮設住宅に居住している方々の生活不活発病に対するマッサージや、パラリンピック選手をはじめとした視覚障害アスリートに対する競技支援を行っています。